【開封レビュー】Black Ember KOMPAK(コンパック)の使い心地はいかに!?

ブラックエンバーで
ご飯3杯いけちゃう団長です。

今、私が注目をしている、“ブラックエンバー”

ブラックエンバーに“ぞっこん”である私は、KOMPAKが発売したことを知って即購入してしまいました。

いわゆる衝動買いです(笑)

(画像タップで拡大できます)

写真多めでレビューしていきたいと思います。

この記事では、こんなことが分かります。

この記事で分かること
  • どんなバックか知りたい
  • KOMPAKの魅力を知りたい
  • ディテールや機能面を写真で見たい
  • どんな人におすすめなのか
  • 他の人と被りたくないようにしたい

ぜひ、参考にしてください!

YouTubeでも紹介しています。

この記事を書いた人
おこづかい族 団長

〈プロフィール〉

  • 機能性グッズが大好き
  • 趣味、ガジェット探し
  • 人に紹介するのが好き

目次

結論

一言で表現するなら、

洗練されているのにカワイイ
小ぶりなのに、器は大きい

ブラックエンバー KOMPAK

洗練されたブラック=カッコいいって正しいと思うんです。ですが、「KOMPAK」には、なぜか”カワイさ”を感じます。
シンプルでありながらミニマルなデザイン。

私はこの風貌に「男心を射止められました」。さらに、コンパクトでありながら、収納力があります。

最近では、外出が当たり前になりつつありますが、そんなシーンの相棒になること間違いなしです。手ぶらでもいいけど、一緒にお出かけしたくなるそんなバックですね。

私が思うに、
こんな方にはおすすめかなと思いました。

こんな方におすすめ
  • 財布やカギなどを持ち歩く方
  • モバイルバッテリーなど小物を持つ方
  • 私服がシンプルコーデの方
  • 他人とは違うバックを持ちたい方

機能的かつファッション性も高いのでおすすめ。
それでは、詳細を見ていきましょう!

目次に戻る

ブラックエンバーの紹介

商品を説明する前に、ブラックエンバーというブランドを紹介させてください。

ブランドの歴史や考え方を知ることで商品をもっと好きになります。

ブラックエンバーのデザイナー

ブラックエンバーのデザインを手掛けるのは、「クリス・ガッドウェイさん」という方です。この方がすごいんです。

今まで携わってきたブランド

  • Nike(ナイキ)
  • The north face(ザ・ノースフェイス)

クリエイティブデザイナーを経て、2014年にサンフランシスコで立ち上げました。

ナイキやノースフェイスのデザイナーって、
そりゃ好きになっちゃいます・・・

ーブラックエンバーのこだわりポイントー
Black Ember(ブラックエンバー)は都市生活に適応した革新的なバッグをデザインすることを使命に掲げています。
従来のバッグとは異なる外観、質感、耐久性、そしてハイスペックな機能美が特徴です。必需品を整理し保護することはもちろん、一日中快適に過ごせるよう設計されています。
※ホームページから引用

ブラックエンバーは、経験や知識が豊富なデザイナーが作っているということです。

目次に戻る

到着・開封レビュー

楽しみにしている商品を通販で買うと、

  • 仕事早く終わらせたい・・・
  • 届いているか追跡システムで確認する

こんな気持ち・行動になりますよね。
まさに、私も仕事終わらせて、速攻で帰ってきました(笑)

さぁ、いざ開封!

心躍る開封レビュー

私は、ブラックエンバーの公式ホームページで購入しました。

楽天だと、「ツナグテ」というバックを専門としたお店があります。おすすめです!

環境に配慮された紙袋
SAGAWAの箱に入ってました

開封を楽しみにしていただけに、心臓の高鳴りを感じました。例えるなら、Appleを購入して製品を箱から取り出す、あの感じ。

はい、開けます。

商品価格:17,600円(税込)

“ポテン”と何喰わない顔で、登場しました。シンプルなのに、可愛くて相棒確定です。

ブラックエンバー公式HPを利用した感想

私は、ブラックエンバーの公式HPから注文しました。

結論、対応良かったです。

  • 購入後・発送後のメールでの確認
  • 問い合わせによる返信スピード
  • 注文してからの到着までの日数
    (12時に注文し、翌々日到着)

HPにお問い合わせフォームがありますので、安心ですね。

デメリットとして

唯一あるとすれば、
購入金額に関わらず、送料がかかること。

送料550円(税込)
送料が嫌なら、楽天の「ツナグテ」がおすすめ。送料無料で対応も良いです。

目次に戻る

商品スペックの紹介

それでは、商品が届いて開封したので特長をまとめていきます。

4つのポイントに分けて紹介します。

KOMPAKの商品特徴
  • KOMPAKの基本情報
  • 収納したモノが取り出しやすい
  • 使いやすく設計されている。
  • モバイルバッテリーでの充電がスマート

この順番で紹介します。それではいきましょう。

KOMPAKの基本情報

サイズ感や素材を紹介します。

まず初めに、「KOMPAK」に使用している素材は、ブラックエンバー初の「Cordura®ECOリサイクルナイロン」が使用されています。要するに「ECO」なんです。

今では、ブランドが「ECO」に対する意識も高まってるので、さすがですね。

項目スペック
サイズ229mm×165mm×127mm
容量5リットル

使用している素材

  • 500D CORDURA® NYLON ECO RN66
  • YKKアクアガードジッパー
  • FIDLOCKマグネットハードウェア
  • T6アルマイト加工処理済みアルミニウムハードウェア
  • 300デニールシルバーリップストップライニング
  • レーザーカットハイパロン
  • 28mmマグネットキーリング

簡単に言うと、

防水性・丈夫・機能的
コンパクトなのに、収納力あり

写真を用いて、詳細に説明します!

収納したモノが取り出しやすい

KOMPAKの特長である、“コンパクト”なのに“収納力”がある。

  • コンパクト
  • 収納力

一見、相反することですよね。
ですが、それを可能にしているのが「仕切りの多さ」「180度に開くポケット」です。

仕切りの多さ

KOMPAKには、大きく分けると3つのポケットがあります。

正面ポケット
中央ポケット
背面側ポケット

この3つのポケットの内、特に「中央ポケット」が素晴らしい。

まず、180度に開いてみましょう。
(というか、180度開けるんです)

矢印の数を数えてみてください。

仕切りは、なんと9つあるんです。

左側UP
右側UP

キーリングに関しても、マグネットになっているので使いやすい!オレンジ色なので、視認性も○です。

使いやすく設計されている。

これね、よく考えられているなって思うんです。
通常は、縦型に使うんですよね。こんな感じで。

さっきみたいに180度開いて、それぞれのポケットが横向いていると取り出しにくいですよね。

でもそれを解消するために、”ちゃんと”縦向きになってるんです!

なので、取りやすいんです!
さらに、中の色は「ブラック」だけではなく「薄い色」を使ってます。

ポイント!

  • 「薄い色」にすることによって、視認性を高めています。
  • 内側の部分に使用されているのは、「リップストップナイロン」という素材です。「裂けにくく、破れにくい」「裂けを食い止める」素材です。

使用者のことをちゃんと考えていますね。

モバイルバッテリーでの充電がスマート

最近では、スマホのバッテリー機能が強化されているものの、「外出先で充電をしなきゃ」って思うケースありますよね。

その時に使うのが、「モバイルバッテリー」。でも、モバイルバッテリーとコードとスマホでぐちゃぐちゃなりません?

タンカーショルダーバック(ポーター)
KOMPAK

このスマートさ明らかですよね。

機能美とスマートさを兼ね備えた「KOMPAKの特長ですね。

このように電子機器をKOMPAKの中に入れることもあるでしょう。

ジッパーが防水仕様になっております。また、生地も防水性を持ち合わせているので安心です。

目次に戻る

使用イメージ

色々と商品の特長を紹介してきました。
実際に、私が持っている小物を収納してみたり、着用シーンを撮影していきたいと思います。

収納してみた!

KOMPAKの容量は5Lですが、どのくらい入るのか検証していきましょう。

私が持ち歩いている小物類が入るでしょうか!?

2個以外収納
残りは背面側に収納

しっかり収納することができました!ゆとりはあるので、もう少し収納はできそうです。

着用してみた!

部屋の中で着用してみました。
ショルダーバックでもいいし、手持ちにしてもカッコいいですよ。

ショルダーバックとして。
手持ちバック

必要最低限は収納できるし、コンパクト!

目次に戻る

デメリット

コンパクトで容量がある「KOMPAK」ですが、デメリットもあります。3点紹介します。

アクアジッパーが硬い

これは、メリットでもあり、デメリットでもあるポイントです。

YKKアクアジッパー

防水性があり丈夫である証拠ですが、開ける際は少し硬く感じました。しかし、開けやすいような工夫もありました。

チャックを開ける際に、縫い付けられているレザーカット部分で支えながら開ける事ができます。

大きいものは入りづらい

商品スペックで紹介したように、「KOMPAK」は仕切りが多いです。そのため、縦に長いもの等は入りづらいです。

左側UP
右側UP

そのため、もし入れるとするならば、背面側のポケットを使うといいと思います。

ここだと、20㎝の長いものでも入ると思います。

ほこりや糸くずが目立つ

これは、「コロコロ」すれば、大丈夫な話です。生地の特性上目立つだけです。

このように、糸くずのようなものが目立ちます。

目次に戻る

まとめ

欲しくて即決してしまった「KOMPAK」ですが、これは相棒確実なバックだなと思いました。

私の持ち歩く最低限の小物たちを収納できたにも関わらず、カッコ可愛いのですから。

私の背中から、見守っていてもらおうと思います。笑

ブラックエンバーは、今後国内に広がるブランドだと思います。それに、売り切れ続出するのでは!?と想像してます。

TKSとの比較も動画にしております

気になっている方は、早めの購入を検討ください。

以上、おこづかい族団長でした。

PS

ブラックエンバーからは、何も頂いておりません(笑)良いバック選びを。

目次に戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

マーケティング業務を担当/オフライン・オンラインメディアに従事し、プレイングリーダー。/副業で始めたブログとSNSを始める/『学びやノウハウ』『おすすめアイテム』『ちょっとした贅沢』を発信

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次